ひまつぶし

気が向いたら更新するよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錯誤の問題を考える。今、方法の錯誤を考えるとごちゃごちゃしてくるので、
客体の錯誤だけ考える。

1 「暴力団員だと思ったら一般人だった」
 →「暴力団員を殺す故意」は、「人を殺す故意」という点において、「一般人を殺す故意」と同じである。ここまでは論理的に絶対に成り立つ。「人を殺す故意」という基準は広すぎないか?と考える。刑法の条文レベルなので、広すぎない。 よって、故意と結果が一致しているので、錯誤はなかったことになり、殺人である。

2 「暴力団員だと思ったらマネキンだった」
 →「暴力団員を殺す故意」は、「刑法違反である」という点において、「マネキンを壊す故意」と同じである。ここまでは論理的に絶対に成り立つ。「刑法違反である」という基準は広すぎないか?と考える。

[広すぎる という説と、広すぎない という説がある。]

広すぎる→故意と結果の不一致。 殺人未遂と過失器物損壊。
    ただ、1と2の違いは「人だった」「マネキンだった」という客観的事実の違いであるのに、
    1では「一般人を殺した」結果が 故意で
    2では「マネキンを壊した」結果が 過失というのは、整合性がとれない。

広すぎない→刑法違反の故意で 刑法違反の結果 なので 刑法違反である。(論理的には成り立っているが、このあと、どうするの?)(二つの行為が、刑法全体レベルで違法だと言えただけ)

人を撃とうと思った → マネキンを壊した
 故意(刑法違反)    結果(刑法違反)  


「思ったことと 結果が同じだと 犯罪になる」

「殺そうと思って殺したら 殺人」(これは、故意も殺人 結果も殺人)
「刑法違反と思って刑法違反だったら 刑法違反」(これは、故意も刑法違反 結果も刑法違反)

「殺人の故意」と「器物損壊の結果」は、「刑法違反の故意で 刑法違反の結果なので 刑法違反」
このことから 殺人の故意… 刑法違反
      器物損壊の結果… 刑法違反 となる。


「殺人の故意」と「器物損壊の結果」は、
「法律違反という点では一緒」逆に「罪名のレベルでは一緒じゃない」。
「罪名レベルでは一緒じゃないことはどうでもいい。法律違反という点では一緒!」
(これを言った時点で、以後 殺人と器物損壊は罪名が違います、というのは禁止になるのか?)

「殺人」と「器物損壊」を「刑法」レベルに抽象化して見ることで、
一連の行為が「刑法違反」ということが分かった。


「殺虫罪」とは、「虫を殺す行為」であり、カマキリも虫で、バッタも虫である。
「殺虫罪」の中には、「殺カマキリ罪」と「殺バッタ罪」があるとする。
「カマキリを殺そうと思ったら、殺してみたらバッタだった」とき、何罪であるか。

カマキリやバッタを含む虫一般を殺そうと思って カマキリやバッタを含む虫一般を殺しているので 
 カマキリやバッタを含む虫を殺す 殺虫罪は完全に成立する。
 (ここで、カマキリ・バッタを抽象化して 虫 にした。カマキリ・バッタのままでは考えられないからである。ところで、一回抽象化したらもう元には戻せないのか?)
 殺虫罪が成立するということは 殺虫罪の中の具体的などれかが成立していなければおかしい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyugakugakusyu.blog52.fc2.com/tb.php/1004-53a216ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。