ひまつぶし

気が向いたら更新するよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暴力団員を殺すつもりで、一般人を殺すつもりはなかった(人違い)」という意見にどう反論するか

あなたは、暴力団員を殺すつもりだった。

でも、暴力団員は人である。あなたも、暴力団員は人だと思っているはずである。

そうすると、暴力団員を殺すつもりだった という意図を持った時点で

自動的に 人を殺すつもりだった という意図が同時に成立する。

よって、あなたは 一般に人を殺すつもりがあった。

「えっ?僕が通り魔的犯行だというの?」

いいえ。ただ、「暴力団員だけを殺すつもりだった」(主観的故意)と言っても、「人を殺すつもりだった」(客観的故意)を否定することはできない。

ここにおいて、問題は故意の錯誤に帰着する。

「暴力団員だけを殺すつもりだった」(主観的故意)
「一般に人を殺すつもりだった」(客観的故意)

Q なぜ、広く含むはずなのに・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tyugakugakusyu.blog52.fc2.com/tb.php/999-b902d6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。